散歩の途中、木陰で休んでいる少女を見つけた。
少女と言っても、僕とそんなに歳は変わらない子だ。
その時は一言二言会話して、名前も聞かずに別れてしまった。
将来その子と付き合う日が来るなんて、誰が予想できただろうか。