僕は平凡な自分が好きではない。
だが平凡ゆえに、平凡を脱する方法も、分かっていない。
手っ取り早い方法は、たぶん、壊れてしまうことなんだろう。
非凡な人はみんな、良い意味でどこか、頭のネジが外れているから。