「本当に、信じて良いのね?」
「ああ、僕に全て任せておいてくれ」
自分でも無謀なことを言っているのは分かっている。
でも男ってのは、好きな人の前では、どんな見栄でも張れてしまう生き物なのだ。