読む本がなくなってしまったので、古本屋に足を運んだ。
ふと一冊の本が目についたので、手に取ってパラパラとめくってみた。
ちょうど真ん中くらいのあたりに、一枚の栞が挟まっていた。
前の持ち主は、ここまでしか読まなかったのだろうか。