登場人物の設定と、全体のおおまかな流れ。
それらを入力すれば、あとはコンピュータが自動で物語を書いてくれる。
「……というような設定の短編を書かれては、いかがでしょうか?」
今日も私は、このあらすじ製造マシンを使って、物語を書いている。