「全ての事件を熾した犯人は……あなたですね、佐藤さん」
彼は全員に背を向け、コーヒーにミルクを混ぜるように、静かにそう言った。
たぶん、一番の見せ場だからかっこつけたかったのだろうが、完全に失敗だ。
この場にいる人間は全員が佐藤姓だから、誰のことを指しているのか分からない。