最初の頃は、意外な結末を作り出す男、なんて呼ばれていた。
それが今は、普通の結末しか出せない男として、評価が下がっている。
私自身は昔と変わらず、むしろ昔以上に意外性を演出しているのに。
今はもう、私が意外な結末を作るということを、みんな最初から分かっているのだ。