人の話は全く聞かないし、聞く必要もないと思っている。
聞いたところでどうなるものではないことを、よく知っているからだ。
人の話など聞かなくても、僕たちは僕たちの生きたいように生きる。
馬に限らず僕たち犬猫だって、野生に生きれば人の声など、念仏にすらならない。