新しい刺激がないと、一日が凄く退屈で、時が経つのも早く感じる。
新しい刺激は、いつもと違うところに眠っているものだ。
だから私は、決して同じ道を使って出勤しない。
横道一本であっても必ず違う道を通り、新しい刺激を得るようにしている。