今日もまた、空想という檻の中からで出られなかった。
いや……自分でも分かってはいるのだ。
出られないのではなく、本当は出たくないのだと。
檻の外にあるのは、自由ではなく現実だから。