ベビーブームの再来と育児放棄の多発により、世界中で孤児が爆発的に増えた。
彼らを救うために、大量の育児ロボットが開発され、孤児の面倒を見させた。
おかげで大人になれずに死んで行く孤児はいなくなったが、喜べない部分もあった。
ロボットのプログラムが画一的なため、みんな個性のない大人になってしまったのだ。