明日のことを考えるのは得意ではない。
そんなものは、夢にでも任せれば良いと思っている。
だから私は、いろんな文献を漁って、予知夢の練習をしている。
予知夢が完成すれば、寝ている間に明日のことを考えられる。