自分が完成させられなかったことを、我が子に託した。
その子も完成させられずに、更に子供に思いを託した。
そんなことが何代続いたか、もはや数えることすらできない。
いったい私たちは、いつ完成するのだろう。