その後ろ姿を見た瞬間、自分の中の何かが弾けたのを強く感じた。
満員電車並みの人ごみの中で、その後ろ姿だけが一際輝いていた。
ずっと見続けていたかったけれど、すぐにその後ろ姿は見えなくなった。
もう一度出会えたら嬉しいけれど、たぶんそれは叶わないだろう。