降りしきる雨の中、傘も差さずにその人は立っていた。
吐息に靄がかかる晩秋の夜だけに、人間じゃないとは思っていた。
だが予想に反して、その人物は正真正銘の人間だった。
てっきり我らの同類かと思っていたのに。