きっと彼は、主人を守れなかったことを今でも気にしているのだ。
だからずっと、主人がいなくなった今も、城を守り続けている。
主人だけじゃなく敵もいないから、守る必要なんてないのに。
地縛霊と守り神の中間のような存在として、彼は永遠にそこにいるのだろう。