僕の心はいつも常に不安に苛まされている。
ただしどんな理由で不安なのかは自分でもよく分からない。
でも、だからこそ、僕は何事にも動じることはない。
今さら新しい不安が襲ってきたところで、何てことはないから。