たとえいらなくなっても、すぐに処分できるとは限らない。
ものによっては、何日も待たなければならないこともある。
そういうときのために、私は存在している。
ゴミを出せる日まで私が、腹の中で一時的に預かるのだ。