私は昼の間しか外に出られず、彼女は夜の間しか外に出られない。
昼と夜が交わりを持たない以上、私たちもまた、交わることができない。
交わるためには、昼と夜の境がもっと曖昧にならなければならない。
いつか、そんな日が来ることを、私たちは信じ続けている。