昔から本を読むのも書くのも好きだった。
そういう仲間が欲しいと思って、文芸部を作った。
でも、未だに部員は僕一人だけ。
部活を作るのではなく、文学部に進学するべきだったかな。