どんなにゆっくりでも構わない。
今は、急ぐことは重要ではないからだ。
敵に見つからないようにする方が大事。
だから床を這って、少しずつ進むのだ。