大事な大事な、僕の花嫁。
いや、僕たちの花嫁と言うべきか。
僕たちの愛を一手に受け取って、彼女は子孫を残すのだ。
それが僕たち、おしべとめしべの関係。