三日三晩、俺は寝食を忘れてあいつを追い続けた。
その甲斐あって、何とかあいつを捕まえることができた。
捕まる時は実にあっさりとしたものだった。
あいつはあいつで、不眠不休で逃げ回っていたから。