一瞬先の未来であっても、確率でしか存在を確定できない。
それなのにみんな、確率の話をすると嫌な顔をする。
僕がどれだけ確率の高い説を唱えても、不確定だとはね除ける。
どいつもこいつも、百パーセントの話にしか、興味がないのだ。