あの時から、僕はずっと迷っている。
どちらを選ぶべきなのか、未だに決められずにいるのだ。
でもいずれは決断しないと、世界が動き出さない。
この時間を止める装置を、いずれは解除しなければならないから。