僕はバカでバカで大バカだ。
バカだから、限界を見極めるなんて器用な真似はできない。
バカじゃない人に分かる妥協点が、僕には分からない。
だからこそ、僕はどこまでも高みを目指していける。