午前中のタスクを消化し、お昼ご飯を食べて一息。
ここからの時間が、至福の一時。
誰にも邪魔されない、昼下がりのティータイム。
この一杯があるから、午後のタスクも頑張れる。