褒め言葉は信用できない。
私には、褒められる要素が何一つないからだ。
そうなるように、そう見えるように、常に生きて来たから。
だから私は、正直に私を貶してくれる人だけ、信頼するようにしている。