寝かせれば寝かせるほど、熟成されるものはある。
僕の内面に限って言うならば、不安がそれに当たるだろうか。
何事も、時間が経てば経つほど、不安しか膨らまない。
どんなに自信のあったものでもそうなるから、始末に負えないのだ。