私が忙しいと言った時は、だいたい忙しくない。
時間がないのではなく、単に面倒な場合によくそう言ってしまうのだ。
むしろ忙しいって言った時ほど、遊ぶ時間が大量にあったりする。
遊びモードに入ってると、頼みごとが全て面倒になってしまうのだ。