火は便利だしなくてはならないものだが、扱い方には気をつけなければならない。
あいつはまさに、そんな感じの存在だ。
頼りになるし、我々のチームになくてはならない人材ではある。
でも扱い方には気をつけないと、やけどしたり炎上してしまったりする。