はたから見たら、たいした未練ではないのかもしれない。
でも私には、そのたった一言を言えないことが心残りだったのだ。
だから私は、彼がここに帰ってくるまで、ずっと待ち続ける。
一言だけ「おかえりなさい」と言ってあげたいから。