彼の心にある旗は、どんな強風に煽られても折れることなく、優雅になびいている。
だから彼は、いつでも余裕を失わないし、逆境にもめげることがない。
そしてそれは、彼の御旗の下に集まっている僕たちもまた同じ。
彼の旗が折れない限り、僕たちはずっと、彼の下で戦い続けることができる。