僕の好きな漫画は、どういうわけかほぼ必ず、途中で連載が中断する。
打ち切りでも終わるならともかく、これでは物語の結末が一生分からない。
それが耐えられなくなったことがきっかけで、僕は漫画家になった。
途中で連載が途絶えた漫画の続きを描くという、特殊な漫画家に。