午後四時という時刻は、私にとって特別な意味を持っている。
これまで人生の分岐点ともなるべき出来事は、たいていこの時刻に起こった。
おそらくは、この姓を持って生まれたことの宿命とでも言うのだろう。
内気や臆病な性格も、夕方に咲くあの花とよく似ている。