「どんなことでも、五分だけなら諦めずに続けることができると思うんだ」
言わんとすることは分からんでもないが、立派そうでそうでもない言葉だ。
「何でも良いぜ。試しに何か要求してみ? 絶対に五分続けてやるから」
「……じゃあ、息を止めて我慢してみて」