彼は気づいていない。
その大切な人がもう、二度と目を開けないことを。
何も知らないまま、今日も彼はその大切な人のそばにいる。
果たして彼が救われるのは、どちらなのだろうか。