どうしても見られたくないもの、隠したいものは、誰にでもある。
それは決して、恥ずべきことではない。
隠すことで己を保てるなら、それも良いだろう。
どうせなら墓まで持っていくくらいのつもりで、隠し通してもらいたい。