昔の日本には、神風特攻隊と呼ばれるものが存在していたらしい。
彼らのことは知らないが、彼らの気持ちはよく分かる。
今の私も、似たような状況だ。
この筒から飛び立ったら最後、相手もろとも粉々になる運命なのだ。