耳の扉をそっと開く、優しくて甘いメロディ。
いつまでもずっと聴いていたくなる。
子守唄の代わりにはちょうど良い。
眠りに落ちた後も、夢の中で聴いていたいくらいだ。