決して覗いてはならないとか、決して後ろを振り返ってはいけないとか。
その手の「決して」には、どうしても守れない魔法がかかっているみたいだ。
たとえ神様であっても、決してに逆らわないでいられるのは、難しい。
相手にして欲しいことがあれば、決してするなと言うと良いだろう。