長い年月の末に、今はもう、原型を留めていない。
それらしいものがあったと、何とか認識できる程度だ。
そんな状態でも、世界中の人たちが注目し、評価している。
きっと歴史が積み重なるほどに、こういうのは増えていくに違いない。