どういうわけだか、私の誕生日が記念日になった。
偶然、その日に大きな出来事があったというわけではない。
正真正銘、私が生まれたこと自体が由来となった記念日なのだ。
私は将来、救世主にでもなるのだろうか。