科学者の端くれとしては、いかなる理由であろうと、技術の妨げは惜しい。
人道的にどうであっても、それは未来への扉を一枚閉ざすことになる。
技術的には何十年も前に完成しているのに、日の目を見る日が来ない。
誰にも邪魔されず、何の制約もない場所で、研究に没頭したいものだ。