私の朝は、一杯のコーヒーから始まる。
淹れたてのコーヒーを一口飲めば、たちまち目が覚め、脳が活性する。
ただ、寝ぼけた状態で美味しいコーヒーを淹れるってのが、案外難しい。
私がロボットの開発に取り組んだのは、その朝の一杯を淹れてもらうためだ。