川岸の向こう側で、大勢の人間がこちらに向かって手を振っている。
皆一様に笑顔で、私がこの川を渡るのを、心待ちにしている。
でも、渡ってはいけない。
彼らについていくことは、こちら川のみんなとの永遠の別れを意味するから。