この道は、二人で行くには狭すぎる。
彼と手を繋いでこの道を歩き続けることはできない。
だから私は、立ち止まって彼を見送った。
彼の無事を祈って、笑って見送ることしか、今の私にはできない。