彼は困っている人を放っておけない、正義のヒーローとも言うべき熱血漢だ。
その姿勢は素晴らしいと思うのだが、必ずしも良いことばかりではないらしい。
全ての期待に全力で応えようとするため、どれも中途半端になってしまうのだ。
どんなに正義感に溢れていようと、結局のところ体は一つしかないということだ。