その土地には決まった統治者がいなく、常にボスの座を巡って争いが起きていた。
だがその無益な争いは、ある意味で最高の切磋琢磨だったのかもしれない。
土地に飽いたものがやがて外の世界に出ると、誰もが第一線で活躍していた。
無法地帯での戦いは、彼らをあらゆる面で一流へと鍛え上げていたのだ。