もはや僕たちの間に言葉はいらない。
あとはもう、言いたいことは全て拳に乗せて伝える。
終わる頃には互いに満身創痍になっているだろう。
でも言いたいことも全て互いに通じ合っているはずだ。